桜サローネのブログ

桜サローネのブログ

このおでこのシワ、40代、50代、表情筋だけじゃなかった!夏の対策です。

2016年6月21日 | テーマ: 桜サローネのブログ, 趣味 beauty

友だち追加
桜サローネの最新情報をお届けするLINE@です。ぜひお友だちに追加してください。

桜サローネです。

今日は雨が降っていましたね。今は気持ち良い風にかわりました。

 

シワって年齢を重ねてかっこよく過ごしたいとは思っていますが、なければ無いほうがいいかなって思っています。

自分の眉間やおでこがきれいな立体感とつやが出ている時期とそうではなく、つやもはりもなくて極端にふけていた時期もありました。2000年くらいから、美の世界はかかわりがあったのでいろいろな体験があります。

おでこや眉間が美しい時とそうでないとき。

その違いは、感情だと思っています。  最後のほうにそのあたりも含めて書きますね。

 

今日は外面のシワ、とくにおでこのシワについてです。

いろいろな対処法がありますね。私は異物を顔にいれてリフトしたり、注射したりするのは

あまり好きではありません。違和感がなんとも見ていられないからです。

見た目が不自然ですし、今日もお客様が、テレビで整形の失敗例をやってたよ~などと

お話しをしてくださいました。悲しくなっちゃいますね。

 

今回は、外面的なシワの対策について考えてみたいと思います。

おでこのシワ、できるだけないほうがいいですよね。

そもそも、どうしてシワってできるんだと思いますか?

 

シワには2種類あるのです。一つは乾燥からできる乾燥シワ。

もう一つは、表情ぐせによる表情シワ。

おでこはほとんど、表情からできる表情ジワです。

 

目線を上げるときに、目の筋肉を使わずに、おでこで引き上げて目を向けているかもしれないですよね。

どんな顔したときにシワができますか?いつも見ているコンピューターの隣りに立てられるタイプの鏡をおいて自分がしゃべっているときの表情について観察してみてください。

きっと、いろんなくせが見つかります。その中で、どんな顔をすると美しくないか?やってみてください。

 

まずは、気が付くところから、そしてこの角度でこんなことしゃべるとおでこのシワってできるんだな~って感じでみてください。

わかったら、その表情ぐせがでないように慣れるまでは鏡をよくみながら、話してみてください。鏡をチラチラみながら、、、あんまり人前ですることじゃないからこそっとどうぞ。

すこし、おでこに手をあてて、目だけで上をみることもできるかも~ってやってみてね。おでこにシワを寄せないようなしゃべり方をこれからはしなくっちゃいけませんよね。

これが表情くせです。

 

じゃー、それができるようになったら、新しいシワをつくらないようにできますよ。

これからは、今、できちゃってるシワをとっていきましょう。

 

まず、表情ジワとはいったものの、夏は汗をかいているからしっとりしていると勘違いしている方も多いかも、まったく逆です。エアコンでインナードライといって肌の内側が乾燥もしてるかもしれません。

 

顔、全体をしっとりさせます、保湿成分が豊富な化粧水やクリームを手にとり、温めながら顔全体にのせて少し置きます。おでこも手で覆うようにしてたっぷりつけてください。化粧水はこの時期いつもの3倍ぐらいね。

その後、おでこをきれいにする表情筋にやさしくふれていきます。

まずは、胡坐をかいて体をまっすく姿勢を整えます。姿勢が整うと左右を均等にふれることができます。私はなんでも体の中心で物事をすすめるように訓練しています。

 

両手の中指と薬指の第一関節くらいまでクリームをしっかりつけます。眉毛の上に指がのるようにしてください。眉頭あたりが中指です。そこから、上に向かっておでこを横断して、生え際5ミリ向こうまでいっきにあがっていきます。ギューギューしないで、こすらないこと。やさしく下から上に。

 

シワにそって横にふれてもシワはとれませんからね。なぜなら、筋肉は横には走ってないからです。かならず下から上です。眉毛のラインから生え際まで下から上、間違っても上から下にしてはいけません。顔が垂れてきちゃいますから。

下から上です。

ふれる圧は優しく優しく、お花にふれるように。いい子、いい子ってふれてください。指先は力をいれずに、関節はすべて丸くして、おでこの形状にあわせて優しくふれます。あなたを愛しているよ~って気持ちであふれさせてみてください。眉間もゆるんできます。

ゆったり、アロマの香りにつつまれて好きな音楽もかけてもいいですね。

良い気持ちになってやわらかい雰囲気の中でふれてみてください。

 

そして、今回は、表情筋だけじゃなかった、このシワ!!!っていうタイトルをつけたのには理由があります。大げさでしょ。笑

なかなか、お顔の保湿してもこのようにふれても、もうちょっとだけ線が出ちゃうんだよね~ってことがあるならば、

それは、皮のたるみと乾燥がポイントかも。こうすればもっと良い方法がありました。

 

それは、

 

頭のパックです。意外とお顔のパックはするけれど、同じ皮膚なのに、頭にパックなんてしたことないですよね?

そうじゃありませんか?40代、50代のみなさん、どうかな?

 

一度、これをやってみてください。ボディ用のパックを頭皮全体にのせて5分おきます。お風呂でやるとよいですよね。

鼻唄なんかうたっちゃったりして、、、5分置いたら、側頭骨にふれて頭の中心にちょっとだけ圧をかけてみてね。その後、ボニーテールをして髪をしばるような場所がわかりますか?

横からみるとあごの先から耳とつないだ対角線上にあるところ。そこにむかって頭にふれていきます。

すると顎もすっきりしますが、おでこもひきあがってシワもできにくくなるのです。つるつるのおでこがみえてきますよ。

 

一人で静かになれる空間があったらなお、良いですね。私は温泉水を使用した化粧水に今、はまっています。そしてパックはあったかくなるタイプのたっぷりハーブ入り。

来月あたりから、できたらサロンでも販売いたします。もうちょっと待っててね。

いつも大切にしてくださってありがとうございます。

愛してるよ~ってかわいい言葉だよね。あなたもたくさんこのかわいい言葉を使って感情を出してあげてくださいね。あなたのおでこはよろこんでくれるはずです。

 

今日も笑顔が一つ増えますように。

 

祐加子

 

 

 

 

フェイシャルエステスクール桜サローネ


▲ このページの上へ戻る